Sponsored Links

糖質制限

 

どうも~シロです!

 

さて、いよいよちゃんと効果のあるダイエットを具体的に紹介していきますね!

まずはこの糖質制限ダイエット

 

ご存じの方も多いと思います!

一時期物凄く流行りましたからね。

 

流行った分だけ痩せて

流行った分だけリバウンド

 

これはやってみると分かりますが

 

 

 

 

リバウンドめっちゃしやすいです(´・ω・`)

 

 

 

 

糖質制限ダイエットは効果が非常に高く人気があるのでやってみた方は多いと思います

 

しかしこの糖質制限ダイエットは、しっかりとした管理があってこそ成功できる方法だということを頭に入れて下さい。

 

正しい知識・正しい手段を取らないと逆効果になってしまいます。

そのあたりも含めて、今回こちらの記事で糖質制限ダイエットについて書いていきますね( `ー´)ノ

 

 

当サイトでも糖質制限ダイエットについてはいくつか記事を書いています

最下部に参考記事として載せておきますね。

 

 

糖質を摂りすぎると何故太るのか?

簡単に言うと

人は生活していく上でエネルギーを消費します。

エネルギーを糖質から持ってきます

で、これ以上エネルギーいらねーよって余ったものがそのまま脂肪になると思って下さい

 

 

 

じゃあ糖質がないとエネルギー生み出せないやんか!(# ゚Д゚)

 

 

 

いえいえ違います

糖質がなければ脂質を使います

脂質 つまり体内の脂が燃えるわけです

これによって体重が落ちるわけですね~

 

 

脂質がなければ今度は筋肉からエネルギーを持ってきます

つまり筋肉が落ちるわけです

 

 

個人的には筋肉までを使ってエネルギーに変えるのは反対です

勿論筋肉が落ちれば体重も落ちるのですが、

私的に筋肉のないガリッガリな身体は美しくないですし、

健康面でもあまりよくありません・・。

 

 

筋肉がないと代謝が落ちるからです!

基礎代謝量を上げて”太りにくい”体質へ改善しましょう!

筋肉と代謝については上記記事を御覧下さい

(※リンク先に飛びます)

 

そもそも糖質ってなに?

名前を見ると甘いものが糖質なんじゃね?|д゚)

 

と思うかもしれませんが、甘いもの以外にも該当するものがあります。

代表的なのがお米

米

 

お米の他にも麦なども代表的ですね。

お菓子でいえばポテチなどのスナック菓子も甘くはないですが

減量がじゃがいもや小麦などでんぷんが多い食材となっています。

 

 

つまり糖質とは

 

甘いもの と でんぷん

 

だと思って頂ければ問題ないと思います。

でんぷん

 

甘いものは分かると思うので、でんぷんが含まれている食材・食品の一部をアップしますね。

 

  1. ソバ
  2. いも
  3. バナナ
  4. カボチャ
  5. もち
  6. だんご
  7. 麺類
  8. マカロニ
  9. ポテトチップス
  10. ポテトサラダ
  11. 大学いも
  12. ほうれん草の根
  13. インゲンマメ
  14. トウモロコシ
  15. ジャガイモ
  16. ニンジン
  17. ダイコン
  18. 玉ねぎ
  19. かぼちゃ
  20. トマト
  21. さつまいも
  22. 餃子
  23. たこ焼き
  24. コーンフレーク
  25. カップ麺

 

などなど。

ヤバくないです?w

こんなん言ったらなんにも食べられない・・。

 

 

糖質と炭水化物はイコールではない

糖質制限 = 炭水化物を制限する

とイコール付けされている印象ですが、微妙に違います。

 

確かに炭水化物は糖質も含まれていますが

、もう一つ栄養素が含まれています。

 

それは食物繊維です

炭水化物から食物繊維を除いたものが糖質となります。

 

ですから糖質制限ダイエット = 炭水化物抜きダイエット は少し違うことを理解して下さい。

 

ネットで調べると炭水化物の取りすぎとか言われますが、

これは糖質の取りすぎとイコールだと思っている人が書いているということですね。

 

大きく間違えてはいないんですけどね・・。

 

炭水化物を完全に抜くことはオススメしません

よく糖質制限ダイエットをするとなると、炭水化物を完全に抜く人がいます。

上記で申し上げたように、炭水化物の中にも食物繊維が含まれています。

それに炭水化物も立派な栄養素です

 

炭水化物を抜くとどのような症状が起こるか?

  1. 集中力の低下
  2. ストレスがたまりやすくなる(イライラしやすくなる)
  3. やる気がなくなる
  4. 考えるがだるくなる

 

 

 

仕事できないやん・・・(´・ω・`)

 

 

 

炭水化物は重要なエネルギー源です

糖質がなければ脂質からエネルギー補給をするわけですが、

炭水化物からしか得られないエネルギーもあるわけです

 

 

ですから、大袈裟に完全に炭水化物を抜くというのはオススメしません。

第一やってみたらわかりますけど、

 

 

 

めちゃくちゃきついっす|д゚)

 

 

米食えないんですよ!?

パン食えないんですよ!?

麺食えないんですよ!?

 

 

 

無理無理( ´ー`)y-~~

 

 

そんなことしていたら余計ストレスで太ったりしますよ。

ですから、私がオススメするのは

糖質制限ダイエットです

 

 

糖質制限ダイエットとは

その名の通りですが、糖質を完全になくすのではなく

糖質を摂る量を減らす というものです。

 

減らす以外にも食べ方や食べるものによっても

糖質を抑えることが出来ますので、いくつかご紹介しますね!

 

夜だけ炭水化物を抜く

毎日2~3食くらい食事されていると思いますが、その内の1食炭水化物を抜いてみましょう。

その代わり抜いた食事には肉や野菜などを多めに食べて

脂質を摂るようにしましょう!

だから肉などはそんなに制限する必要はないわけです。

 

血糖値を上げないような食事方法を摂ること

糖質制限ダイエットで10年若返る!糖質中毒からの脱却でも書きましたが

(※リンク先に飛びます)

血糖値が急激に上昇する食べ方があります

血糖値があがると下げるために、インスリンが分泌されます

インスリンが脂肪のもとなので、インスリンが分泌されないようにする必要があります。

 

血糖値を急激に上げない方法として

野菜から食べること

もし野菜がなければスープなどから飲むこと です

 

 

いきなりメインの食べ物を食べて、お米を食べるなんてことはNGです

人の体は食事の時間になると、体内に食物が入る準備をしています

実際に入ってくると吸収を開始するわけですが、

最初に入ってきた食物が一番吸収されやすいといわれています。

 

スポンジみたいなもんですね( ´ー`)y-~~

 

ですから、最初に糖質の多いお米などを取り入れるのはよくないということです。

サラダなどがあれば、必ずサラダから食べましょう!

 

糖質制限にオススメの野菜は

 

もやし

ホウレンソウ

小松菜

 

などです。

ホウレンソウの葉っぱにはでんぷんが含まれていないので、

糖質制限ダイエットにはオススメです。

栄養素も高いですしね!

 

 

糖の代謝がいい食材を食べること

糖の代謝がいい食材があります

ビタミンB1やB2を含んだ食品です。

ビタミンB1やB2は糖の代謝をよくするだけではなく、脂肪の燃焼効果も期待できるため、積極的に摂取して頂きたいところです。

 

ビタミンB関連の代表格

豚肉

納豆や豆腐など大豆

 

これらは安く美味しいため、日頃の食卓でも出てきやすいですよね?

オススメですよ!

 

糖質制限ダイエット中のオススメ食材

肉・魚

  1. 豚肉
  2. 鶏肉
  3. 馬肉
  4. ラム肉
  5. たら
  6. えび
  7. まぐろ
  8. かに
  9. くらげ
  10. いか
  11. たこ
  12. ホタテ
  13. あさり

 

野菜

  1. 小松菜
  2. ホウレンソウ
  3. きゅうり
  4. レタス
  5. キャベツ
  6. ブロッコリー
  7. おくら
  8. しいたけ
  9. まいたけ
  10. えのき
  11. エリンギ
  12. 白菜

 

 

野菜中心の食事はNG

糖質を制限するなら、出来るだけ野菜を多く摂ればいい!

 

というわけではありません。

 

糖質からエネルギーをとれなければ脂質からとります。

つまり、肉などを摂取しなければエネルギー補給が出来ません。

ですから野菜中心ではなく、肉と野菜バランスよく食べるようにしましょう

 

 

逆を言えば、肉は食べていいってことです( ´ー`)y-~~

 

 

いかがでしたか?

糖質を完全に断つのは現実的に難しいですし、むしろ逆効果です

 

程よく制限して健康的にダイエットしましょう!

そうすればリバウンドもなく、どんどん痩せていくこともできますよ( ´ー`)y-~~

 

 

糖質制限に関する記事一覧

糖質制限ダイエットで10年若返る!糖質中毒からの脱却

糖質制限ダイエットする上で低GI食品を知り、血糖値上昇を抑えよう。

糖質制限ダイエットの落とし穴。デメリット

Sponsored Links