Sponsored Links

神経

 

どうも~シロです!

 

今回は生活習慣と神経についての記事です!

 

 

生活習慣が乱れると、同時に自律神経が乱れてしまいます。

毎日の寝起きの時間、食事の時間が不規則だったり、

長時間ストレスにさらされる生活を続けていると、

徐々に自律神経が乱れていき暴飲暴食に走ってしまいがちになってしまいます。

 

 

また、脂肪を燃やす働きができなくなり、

どんどん溜め込む身体へと変化していってしまうのです。

 

自律神経とは?

 

自律神経とは血圧や発汗などを調節をしている神経です。

 

 

自律神経には交感神経と副交感神経があります。
交感神経→アクセルの役割

副交感神経→ブレーキの役割

 

役割が180度違いますね。

 

両方の神経がバランス良く働いてくれているおかげで

日常生活を送ることができています。

 

それぞれについて詳しく書いていきますね|д゚)

 

 

興奮や緊張している状態で優位になるのを交感神経

抑制やリラックスしている状態で優位になるのを副交感神経

と呼ばれています。

 

 

この二つの神経が状況に応じて起こることで

人間の体内のバランスを調整しています。

例えば運動して暑い時は汗をかいたり です

 

しかしこれらはストレスによってうまく調節が出来なくなることがあります。

こういった自律神経が乱されると太りやすくなってしまいます。

 

自律神経が乱れるとなぜ太るのか

ストレスにさらされていると、交感神経が優位な状態が続きます。

自律神経は代謝に関わっていますので、交感神経ばかりが働くと、

自律神経が混乱して、食欲や代謝が正常に働かなくなってしまうのです。

 

そうすると、暴飲暴食をしてしまったり、

食べても食べても満足できないという状況に陥ってしまい、太ってしまいます。

 

自律神経を整える

一度乱れてしまった自律神経は元に戻すまでに時間がかかります。

乱れるのは一瞬ですが戻すのは大変なんです。

毎日の習慣にして、乱れにくい環境を作っていきましょう。

 

朝日を浴びる

朝起きたら、太陽を浴びるようにしましょう。

遮光カーテンを使っている方も多いでしょうが、

寝る前に少しだけ隙間を作っておくと、気持ちよく朝日で目を覚ますことができますよ。

 

朝ごはんを食べる

身体にスイッチを入れましょう。

朝から食べることで、腸も動きだし、

腸内環境を良く保つことにも繋がり一石二鳥です!

 

複式呼吸をする

副交感神経が優位になりリラックスできますので、夜に試してみるといいでしょう。

 

まずは口から息を吐ききります。

次に鼻から息を吸い込みます。

横隔膜を下げてお腹にたくさん空気が入っていくイメージをします。

吸い込み切ったら口から息を吐きます。

この繰り返しです。

続けるとできるようになってきますので、あきらめずにがんばりましょう!

 

入浴する

交感神経が優位になっていたり、

毎日疲れているなと思う方は入浴をすることも大事なリセット方法です!

このときは心臓に負担をかけないように、半身浴をしましょう。

 

お好きな入浴剤を使って更にリラックス度をアップさせてみてもいいですね

ストレスが溜まっているなと思ったら、

目をつむり深呼吸をしてみましょう

 

自分の身体の状況をよく見つめて、

無理のない生活を送れるように気をつけて下さいね。

 

 

自律神経の乱れは主にストレスです!

ですからストレスをため込まないようにするといいです。

 

難しいようですが、一つ簡単な方法を・・

 

 

リラックスする時間を作って、その時間は思いっきりリラックスをする!

 

 

最初はどうしたらリラックスできるのか分からないかもしれませんが、

とりあえず漫画を読む、音楽を聴くなど

好きなことから始めると繋がっていきますよ!

 

ストレスは美容・ダイエットする上での大敵です

ため込まないようにするには、都度解消するしかありません。

 

解消方法を自分なりに見つけてがんばりましょ~( ´ー`)y-~~

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

よろしければシェア・イイネをして頂けますと嬉しいです(^◇^)

Sponsored Links