Sponsored Links

 

ホームホワイトニング

どうも、シロです~!

日が空いてしまいましたが、続きです。

オパールエッセンスを試された方からの寄稿記事になります!

1記事目 オパールエッセンスを知ったキッカケ

【Nさん体験記1/4】私がオパールエッセンスを選ぶ理由

 

 

2記事目 オパールエッセンスを買ってからの流れ

【Nさん体験記2/4】オパールエッセンスを買ってみた。マウスピース作り!

 

さて、では寄稿記事の内容です!

どうぞ!


オパールエッセンス専用マウスピースの作成を始めて一か月程度経ちました。

だんだんとマウスピースの事を忘れかけてきた頃に、やっと到着しました!

 

 

世界に唯一、自分専用のマウスピースです

梱包を解くと、ケースと予備がワンセット付いていてとっても親切な対応です。

口に入れるものなので、衛生面から普段はケースに入れて清潔を保ちましょう、という事なんですね。

ケースに入れるだけでなく、私は時々、ポリグリップとかの洗浄液に浸して内部の汚れを落としています。

 

 

歯ブラシで内側を磨いても、内側の隅に溜まった汚れが落とせて清潔を保てますよ。

オパールエッセンスのアンプルを使う時には、このマウスピースの中に液剤を垂らしてから歯に被せますから、内側が汚れがちなんですよね。

まずはポリグリップでクリーニングしたマウスピースを歯に被せるとこんな感じ。

ホームホワイトニング

食べちゃうぞー。

 

 

 

この状態で、アンプルが歯に浸み込むまで

10%は8〜10時間、

15%は4〜6時間、

20%は1〜2時間、

35%は30分と言われています。

 

 

ですが個人的に見ると、35%を使った感じでは5分以上は耐えられません。

人によって違うのかもしれませんが、私の場合、5分くらいで液剤が歯茎に落ちてきて歯茎を傷めて炎症を起こし始めるんです。

 

 

マウスピースの内側には線を引くように細く液剤を垂らしているのですが、少量であっても重力の関係で下の歯茎に落ちてダメージを与えるんです。

これがとっても痛くって・・・。

 

 

現実的に考えると、35%の場合は毎日5分~10分間の使用に留めておいた方が良さそうです。

または濃度が低いものを長時間じっくり使うと良いのかもしれません。

焦って歯を白くしようと我慢すると、歯茎の炎症がひどくなっておせんべいを食べるたびに歯茎から血が出て醤油せんべいの味が濃くなってしまいますよ。

 

 

さて、ホワイトニングは根気との闘いなので、ここから先は長そうです。

ホワイトニングの説明を見ると、1か月あたりから効果が出てきて、それから一定の白さまで達すると、それ以上は白くなりにくいとの事です。

20代前半で、タバコを吸わない、コーヒーや紅茶をあまり飲まないという方はとても白くなるんでしょうけど、普通の人は歯の奥に色素が沈着してしまっていて、A3という白さのバロメーターが限界みたいですね。

 

 

しかし他のレビューを見ると、W2というA3よりもずーっとキレイな白さになったというコメントもあります。私もW2を目指して頑張ります!

 


 

3記事目は以上ですね!ありがとうございます(あ、ここからはシロですw)

私はマウスピースを歯科医院で作ってもらいましたが、このように海外まで送って作って送り返してくれるところもあるのですね。

非常に丁寧です(´・ω・`)

 

 

この型は35%はなかなかきつかったみたいですね!

私も35%にしてから数日は痛かったですが、すぐに痛みはなくなりました。

慣れの部分はあると思いますが、知覚過敏が強い方は少し根気がいるかもしれませんね!

 

 

オパールエッセンスを実際に購入して試してからのレビューでした。

次の4記事目が最後の予定との事です!

是非お愉しみにどうぞ^^b

オパールエッセンスを使ったらこうなった!【Nさん体験記4/4】

Sponsored Links