Sponsored Links

HN20170831(オーラグロウ3か月半)

 

どうも、シロです~。

今日はすぐに歯を白く方法についてご紹介します。

 

 

巷でよく言われる「激落ちくん」とかで落とすという論外な手法ではありませんw

ちゃんと歯にも優しい方法をご紹介しますよ!

 

 

一般的にすぐに歯を白くしたい!となったらオフィスホワイトニングを利用しましょう(´・ω・`)となるわけです。

ホームホワイトニングはどうしても1か月~数か月単位で時間を掛けないと白くなりません。

オフィスホワイトニングなら1日で実感できます。

 

 

ですが、オフィスホワイトニングって高いんですよね~・・(´・ω・`)

大体1回で3~10万円くらいします。

私もオフィスホワイトニングをしましたが、大体3万円くらいかかりました。

かなり安くていいところを探したので、安く済みました。

詳しくはオフィスホワイトニングへ行ってきましたをご覧ください

オフィスホワイトニングへ行ってきました~!写真付き

 

値段以外にネックなのが、銀歯じゃないでしょうか。

銀歯以外にも神経を抜いて濃い色に変色した歯にはホワイトニングはあまり効果がありません。

 

 

でも銀歯も隠したい!そんな時もありますよね。

そこで歯のマニキュアです

歯のマニキュアとは?

 

マニキュアを言えば爪をイメージしますよね。

そのイメージで大体あってます。

爪のマニキュアのように歯に白色の専用塗料を歯の表面に塗る方法です。

 

 

これの最大のメリットは

すぐ白くなること

差し歯や銀歯や神経を抜いた歯も白くなる

 

 

ホワイトニングでは補いきれない部分まで白く出来るのがメリットです。

基本的には歯科医院(審美歯科)で行いますが、セルフで行う方法もあります。

 

 

 

ホワイトニングとマニキュアの違い

持続性が違う

爪同様、歯のマニキュアも一時的なものです。

歯科医院で行うものでも約1か月程度で元に戻ります。

また、戻る時は表面に塗った塗料が取れるので一気に歯の色が戻ります。

 

 

一方オフィスホワイトニングはもう少し長く持ちます

大体3か月は持ちます。

また、色が戻る時も一気に戻るのではなく徐々に徐々に落ちてきます。

 

 

白くなる度合いが違う

しかし歯のマニキュアは痛くなく、わずか1時間程度で歯が白くなります。

また、白くなる度合いも選べます。

真っ白にすることも可能です。

 

 

オフィスホワイトニングは歯そのものの色を変えるわけですから、元々の歯の色に依存されます。

つまり1回では白くするのに限界があります。

 

 

オフィスホワイトニングをしたのに思っていたより白くならなかった!ということがあるのに対し

歯のマニキュアは理想の歯の色に近づけることが可能です。

 

 

ですからよく「オフィスホワイトニングは結婚式前とか有効!」とか書いていましたが、歯のマニキュアもアリだと思います。

 

 

 

歯のマニキュアの料金と施術内容

歯のマニキュアは2種類あります。

 

 

歯科医院で行う

自分で行う(セルフ)

 

 

両方説明していきますね。

歯科医院で行う方法(ホワイトコート)

ホワイトコートと呼ばれています。

歯科用のマニキュアを歯に塗り、光を当てて固める手法です。

 

・持続期間は約1か月

・仕上がりがキレイ(色ムラが少ない)

・自分好みの色を選べる

・銀歯や差し歯にも有効

・金額は約15,000円~30,000円(本数による)

 

 

 

塗布直後は着色しやすい状態になるので、色の濃い食べ物や飲み物は24時間 出来れば2~3日避けましょう

また、硬い物を強く噛むと縁が欠けることがあるため、これも注意が必要です。

欠けた部分の塗り直しは歯科医院で簡単にしてもらえます。

 

 

セルフで行う方法

ドラッグストアなどで販売されている歯のマニキュアを購入し、自分で歯に塗布する方法です。

 

 

・気軽に安く出来る

・色ムラが起こりやすい

・1日~数日しか持たない

・コツがいる

・料金は約2,000円とリーズナブル

 

 

Amazonなどでも安く買えますので購入してみて下さい。

ハニックDC ルナ 5.5ml

新品価格
¥1,350から
(2017/9/12 13:35時点)

歯のマニキュアのデメリット

セルフでのマニキュアはどちらにしても1日で取れるので剥がれやすいと認識して頂ければいいと思います。

価格も安いので、いきなり本番でやるのではなく試してからやるといいです。

 

 

歯科医院でのホワイトコートは歯の表面に物がぶつかったりすることで剥がれてきます。

そのせいか、歯科医院で施術するときも歯の先端部分(切縁)や歯と歯の間(隣接面)には塗らないことになっているようです。

このあたりは施術先の先生に聞いてみましょう。

 

 

 

まとめ

歯のマニキュアの最大のメリットはホワイトニングでは白くすることが出来ない銀歯なども白く出来ることです。

ホワイトニングと歯のマニキュア それぞれ一長一短ありますので、どうしたいのか?考えながら選ぶといいと思います。

 

 

いきなりオフィスホワイトニングや歯科医院での歯のマニキュアをやるのは価格も価格ですし勿体ないと思います。

セルフでの歯のマニキュアなら1日で落ちますし、料金も2,000円程度で何回も出来るので、気になる方はとりあえずセルフから試してみてどんな感じか見てから検討するのもいいと思います!

 

Amazonなどでも安く買えますので購入してみて下さい。

ハニックDC ルナ 5.5ml

新品価格
¥1,350から
(2017/9/12 13:35時点)


私は歯のマニキュアは使ったことがないので分かりませんが、結構コツがいるそうですので気を付けて下さい。

何度も重ね塗りをするのではなく、出来るだけ1回で塗りきるとムラが出にくいらしいです。

 

Sponsored Links