Sponsored Links

b.glenのホワイトケア

どうも、シロです~!

 

先日b.glen(ビーグレン)のホワイトケアが届きました!実践開始の記事で書きましたとおり、b.glen(ビーグレン)のトライアルセットを購入しまして実践開始しております。

開始日は9月頭ですね。

b.glen(ビーグレン)のホワイトケアが届きました!実践開始

 

美白化粧品ですから目的はシミを消すことです。

私が気になっているシミはこれですね。

シミ(開始前)

 

元々あったものと最近できたものとありますので、これらが美白化粧品のb.glen(ビーグレン)でしっかりなくなるのか?

それを検証していこうと思います。

 

 

元々薬剤師の友人お墨付きの商品だったので、それを聞いて試した次第でございます。

あとはいろいろ調べてみて信頼できるということもありますけどね。

 

 

で、使い方を書いていなかったな~と思ったので簡単に書いていこうと思います。

使い方というほどややこしいことではないのですが・・w

ビーグレンのトライアルセット 使うのは2種類のみ!

b.glen(ビーグレン)のトライアルセットを購入するとこのように届くんですよ。

b.glenのホワイトケア

5つも・・・多い・・(´・ω・`)

ご存じのように私はワイエスラボの化粧品を使っていて、シミの部分だけb.glen(ビーグレン)を使おうと思っています。

ですから、化粧水の役割とかは別にいらん・・。

 

 

5種類あるけど、使うのはステップ4と5の2種類のみです!

QuSomeホワイトクリーム1.9と

QuSomeモイスチャーリッチクリームの2種類。

 

 

これでしっかり効果があるか検証していこうと思います(´・ω・`)

 

ビーグレンの使い方!ワイエスラボとの併用は?

では使い方です。

ビーグレンの使い方はほかの化粧品と同じで気になる箇所に塗りこむだけです。

本来は顔全体に塗ることでムラなく効果が出るそうですが、私はワイエスラボを使っていますのであくまでベースはワイエスラボです。

 

 

ワイエスラボの化粧品を使いながら、ビーグレンでシミの箇所だけ塗っていくというスタンスですね。

 

 

塗りこむという表現はしましたが、決してゴシゴシ塗るのではなくシミの上に「ちょんっ」と乗せて少し伸ばす程度です。

あまり強く塗りこむとメラミンが過剰反応して余計にシミが大きくなってしまいますので注意して下さいね。

 

 

順序として

  1. ワイエスラボモイスチャーローションを顔全体に浸透させる
  2. ワイエスラボ美容オイルを顔全体に浸透させる
  3. ビーグレンでシミの箇所だけ乗せて伸ばす

 

この流れです。

 

 

とりあえずビーグレンの美白化粧品の効果についても効果が出たか出なかったか?を写真付きで定期的に公開しようと思っています。

こちらも末永く見て頂ければと思います!

 

 

シミは特に女性にとっては悩ましい問題の一つだと思います。

これが解決できるのであれば素晴らしいことですよね!(´・ω・`)

個人的にもこのホクロみたいなシミは邪魔で仕方がないので、消えてくれないと困る!(´・ω・`)

Sponsored Links