Sponsored Links

Amazon詐欺

 

どうも、シロです~!

今日は最近やたら横行してるAmazonの詐欺について書いていきますね!

Amazonで安く買う裏技!の記事でも書きましたとおり、

私はAmazonに出店している一人ですので今回の事件には憤りが隠せません。

 

 

そんな出品者目線でこの問題が起こった原因と対策方法をシェアしていきたいと思います。

現時点でかなりの数の被害者が出ているそうですので、しっかりとこの記事を読んで貴方がその被害者にならないようにしましょう。

また、被害にあってしまった方もどうしたらいいのか書いていきたいと思います。

 

 

私は長年Amazonで出品(現在も)していますので、参考になるとは思います!

是非ご覧ください(^^)/

Amazon詐欺の特徴

最近ニュースでかなり騒がれているのである程度ご存じの方もいるかもしれません。

Amazon出品者が詐欺業者に乗っ取られて勝手にたくさん出品されているというものです。

 

特徴としては・・

・出品価格が異常に安い

・評価がないor少ない

・説明文がない

・中古品であればコンディションは”ほぼ新品”

・FBA出品ではなく、自社出品

 

私が見た感じこのあたりが特徴かなと思います。

・出品価格が異常に安い

一番わかりやすい特徴として価格ですね!

例えばこの商品

Amazon詐欺

この商品の相場は16,000円くらいなのですが、御覧の通り送料を含めても6,500円で販売されています。

結構スペックが高めのレコーダーがこんな価格で販売されるわけがないです。

 

 

だからこそ購入者からからみたら魅力的な価格にみえますよね

その心理を狙っての価格設定ですね。

 

 

そもそもAmazonで出品者によってここまで価格が開くことはほぼありません。

出品者心理としては、当然売れてほしいですができる限り高く売りたいのです。

売るためには簡単です。最安値にしてカートを取ればいいんです。

Amazonのカート取得については、Amazonで安く買う裏技!をご覧ください。

 

 

カートを取れれば売れる準備は整いました

その上で出来るだけ高く売ることを考えればいいんです。

上記の例だと評価にもよりますが、そこまで低くなければ14,500円でも十分カートは取れます。

 

 

Amazonは多数の出品者が出品していますので、それぞれ価格競争はおきますがここまで極端に下がりません。

数百円ずつ下がっていってその過程で売れることが多いです。

売れれば相場が戻っていきますから、今回の画像の例のように倍以上価格が低い時点で超怪しいです。

 

 

勿論商品にもよりますが、体感的に2番目に安く出している出品者よりも50%以上安いと詐欺業者と判断していいと思います。

 

・評価がない(少ない)or低い

これも結構わかりやすいですね。

詐欺業者はとにかく数打ってあてる(マシンガン)作戦できています

ですから新たに新規で登録した店舗が非常に多いです。

 

 

今度はこちらの画像をみてください

Amazon詐欺

先ほどと同じ画像ですが、青枠を増やしています

評価というのはここの部分です。

この画像は評価が27件ついていますが、これは少ないです。

信頼できる出品者であれば、やはり3桁はほしいところです。

 

 

更に評価の割合ですが

70%というのは物凄く低いです。

信頼できる出品者であれば、90%以上 出来れば95%以上はほしいですね。

 

 

ちなみに割合というのは、全体の評価に対して高評価率がどのくらいか?を示しています。

Amazonの評価は5段階となっておりまして、4と5が高評価。1と2と3が低評価です。

例えばもらっている評価数が5だとして、内訳が

5 1個

4 3個

3 1個

ですと評価率は80%となります(低評価1 高評価4)

3でも低評価になるっていうのが厳しいですね。

 

 

出品者として非常にムカつくのが・・

「特に問題はありませんでした!!」 ⇒ 評価3

 

 

これですww

一般的に問題なければ3 悪ければ1 よければ5 ってイメージですよねw

本当に腹立つんですよね~・・評価は消せないし悪くはないのに評価率下がるし。

このように出品者に非がないのに評価率が下がることもあります。

ですから、この価格で購入したいけど評価低いな~・・と思ったら評価をクリックして中身をみてみましょう!

そこで判断するといいと思いますよ!

 

 

ちなみに評価がないいわゆる新規出品者の場合は「新規出品者」と青枠のところに表示がされます。

料金が極端に低くなくて、評価が少ないのであれば一概に詐欺業者とは言えませんが、

両方が重なった場合はほぼ詐欺業者と断定していいかと思います。

 

 

参考までに詐欺業者うんぬんではなく、普通の店舗であっても70%の店からは買わないほうがいいです。

最低でも90%以上の評価がついている人から購入するようにしましょう。

※出来れば95%以上

 

・説明文がない

これは先に挙げた二つに比べたら少し弱い要素です。

説明文がないショップもありますからね。

複合的に考えましょう。

特に中古商品であれば、説明文がないほうが珍しいので、なければおや?と思いましょう

 

・中古品であればコンディションは”ほぼ新品”

これは中古品限定ですが、コンディションをみましょう

またまた画像をみてください。青枠のところです。

Amazonコンディション

中古品の場合は、状態によって出品者が下記のように振り分けられています

 

・中古品-ほぼ新品

・中古品-非常に良い

・中古品-良い

・中古品-可

 

上から順番に状態が良いということです。

詐欺業者は見た感じ中古品に関しては、全て”ほぼ新品”で出品していますね

当然コンディションが良いほど売れやすいからでしょうが、

中古品を出す上で”ほぼ新品”というのはなかなか使いにくいんですよね。

 

 

クレームの原因になりますから。

ほぼ新品なのにほ~んの少し傷があっただけで違うじゃねーか!みたいな反応が多いんです。

そうなると悪い評価が付けられてしまう。

先ほども申し上げたように、Amazonで利益を出していくには評価は絶対です。

どれだけ悪くても90%を切っては厳しくなるので、低評価をもらうのは絶対に避けたいんです。

 

 

だからこそほぼ新品っていうのは使いにくいので、これも複合的に考えて該当していたら詐欺業者の可能性が高いですね。

・FBA出品ではなく、自社出品

これはほぼ間違いなく該当すると思います。

度々になりますが、Amazonで安く買う裏技!に詳しく書いております。

 

 

細かく話すと長くなりますので端的に説明しますが、Amazonでは出品形態が2つあります。

自社出品 か FBA出品

 

自社出品とは・・

商品が売れたら自分で発送する

商品は出品者の手元に置いておく

FBA出品とは・・

商品が売れたらAmazonが代わりに発送する

商品はAmazon倉庫に納品しておかないと出品ができない

 

 

このことから分かるように、FBA出品であれば商品が絶対にあることが分かります

自社出品だと極端な話空売りでもいいわけです。

あとで詐欺業者の目的でも書きますが、詐欺業者は空売りをしているのでほぼ100%自社出品です。

 

自社出品とFBA出品の見分け方

では見分け方を書きますね。分かりやすいです!

下記画像をみてください

Amazonお得2

 

FBA出品の商品には、価格の下にマークが振られます。

 

 

こんなマークです。

 

上記画像だと

5,440円の商品は自社出品

7,972円の商品はFBA出品 です。

 

このマークで見分けるようにしましょう!

 

もう一度言いますが、詐欺業者はほぼ100%自社出品です

 

Amazon詐欺業者の目的

では続いて業者の目的についてです。

ここを把握しておくことで、今回の詐欺に引っかかることは少なくなります。

 

Amazonの詐欺業者というのは度々出ていますが、今回お話しているのは2017年で大流行しているAmazon詐欺についてです。

一概にAmazonに出品している詐欺業者がこの目的ということではありませんので、お気をつけて下さい。

 

 

被害の流れ

  1. 購入者が詐欺業者が出品している激安価格の商品を購入する
  2. 出品者が商品を発送しない
  3. 購入者が不審に思ってAmazonに問い合わせる
  4. マーケットプレイス補償で返金される

 

このような流れです。

 

あれ?返金されてるなら被害になってなくね??

 

そう思われるかもしれません。

当然詐欺業者からしたらそんな価格で売っていたら赤字になります

ほとんどが空売りでしょう。(商品がないのに売ること)

 

 

業者の目的は 個人情報の収集 です

 

 

Amazonでは当然ながら配送先の住所を入力しないと注文できませんよね

その情報を収集するのが目的と言われています。

 

 

ちなみにこれら業者は中国人と言われています

中国人に個人情報収集目的でとられるのは嫌な予感しかしないですよね。

気を付けましょう

 

 

個人情報収集の目的なんだな~と分かれば、上記のような諸々の理由に合点がいきますよね。

 

Amazonで詐欺業者から購入しないようにする方法

詐欺業者から買わないように対策するのは案外簡単です。

色々と書いていきましたが、下記のことを気を付けて頂ければいいと思います

確認優先度が高い順番で書いていきますね。

 

  1. 他店舗と比較して半額以下で出品されている商品は購入しない
  2. 評価率が悪いところ・少ないところからは購入しない
  3. 自社出品の店舗からは購入しない

 

この3点だけ気を付けましょう!

1と2が複合した時点でほぼ詐欺業者です。絶対にやめましょう。

 

絶対に引っかからないと言い切れるのは3です

自社出品の店舗から購入しなければほぼ100%詐欺に引っかかることはありません!(今回のケースでは)

 

 

上記3点を見るためには、出品者一覧ページにいかないといけません。

商品ページを開いたら、下記赤枠の”新品の出品:35”を押す

※中古品の購入であれば、”中古品の出品:8”を押す

Amazonお得3

 

ここを押すことによって、出品者一覧ページが出てきます。

Amazonお得4

 

 

商品ページを開いていいと思ったらそのままカートへ入れるを押す方が多いですが、今後は必ず一覧をみるようにしましょう!

そうすれば詐欺に引っかかる確率はぐ~んと!ぐ~~~~~~~~~んと下がります!

 

自分の身は自分で守りましょう( `ー´)ノ

 

万が一詐欺にあっても代金は戻ってきます!申請しましょう!

今回の詐欺は個人情報収集目的とはいえ、代金を払っているわけですから返金してもらえないといけません。

基本的にはAmazonはお客様神様精神なので、Amazonへ状況を言えばほぼほぼ返金はされます。

 

 

Amazonは金銭的な詐欺はしにくい仕様です。

特にFBA出品の商品に関しては、Amazonが配送の全責任を負っているので、100%返金されます。

 

 

せめて代金だけでも返してもらえれば気が休まるかと思います。

申請も電話するだけですし、やって損することはないのでおかしいと思ったら問い合わせましょう!

※問題ないのにやたらと申請するのヤメテくださいね・・(出品者目線・・w)

 

 

出品者としての意見を勝手ながら述べると、購入者の民度も非常に下がってきてると感じています。

難癖つけて返品してきたり、勝手な理由で返品したり、受け取らなかったりなど。

現在配送業者の業務過多としてAmazonに責任が向けられていますが、Amazonだけではなく利用者にも少なからず問題はあると思っています。

 

 

 

せっかくAmazonという便利な通販があるのに、

常識的な範囲でルールを守ってやらないことによってAmazonがなくなったら悲しくなりませんか??

出品者も利用者もルールを守って利用してほしいな~と思う今日この頃ですww

 

 

 

ネット社会になってきて、ネットで物を買うのは当たり前の時代になってきました。

だからこそ想定外のところから思わぬ損害が出ることがあります。

自分の身は自分で守るためにも、正しい知識を身につけていきましょう!( `ー´)ノ

 

 

出品者だからこそわかるAmazonのお得な使い方

ポイントサイトのお得な使い方をご紹介しています。

よろしければどうぞ!

Amazonでお得に買う裏技!現役出品者が暴露します!

Amazonギフト券がお得に買える金券ショップamaten

80%OFF・90%OFFは当たり前!激安クーポンサイト「グルーポン」

 

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

よろしければFacebookでシェアをして頂けますと嬉しいです(^◇^)

Sponsored Links