Sponsored Links

炭水化物

 

どうも~シロです!

ダイエットをするには糖質を摂りすぎないようにしたほうがいい

こちらの記事でご説明させて頂きました

※リンク先に飛びます

 

念のため再度”糖質”についてかるーくおさらいしますヾ(・д・` )

 

デブのお友達、糖質について

人は”糖質”を摂取することにより、血糖値が上がる。

血糖値を下げる為に体内では”インスリン”という液体が分泌される。

その”インスリン”という液体が脂肪を蓄える

更に脂肪の分解を妨げる。

 

 

つまりダイエットに必要なのはおおまかに2点!

 

摂取カロリー < 消費カロリーにする

炭水化物などに含まれる、”糖質” を抑えること

 

さてさて、今回のテーマは”糖質制限ダイエット”ですが、

内容はその名の通りで糖質を多く含む、

炭水化物の摂取を制限するダイエット法です。

 

 

糖質制限ダイエットをするにあたって、

重要になってくるのが「ケトン体」という物質。

 

ケトン体とは??

肝臓で脂肪酸などから作られる物質の総称。

それが”ケトン体“です。

 

 

 

・・・・・(´・ω・`)??

 

 

 

我々は主にブドウ糖(糖質が分解されたもの)をエネルギーとして活動しています。

そのブドウ糖が枯渇するとどうなるのか??

 

 

体内では「アカン!!エネルギー足りん・・・」となり、

新たにエネルギーを形成します。

 

 

そこで、エネルギー源となるのが、”脂肪”です。

自らが蓄えてきた脂肪を分解することによって、新たなエネルギーが形成されます。

その生成物こそが”ケトン体”なんです。

 

 

そのイケメン過ぎる「ケトン体」をいかに使っていくかが、

この糖質制限ダイエットの重要なところです。

 

 

 

つまり・・?(´・ω・`)

ここでもまだピンと来てない方は、つまりこういうことです!

  1. 糖質を摂らないとブドウ糖が体内に出来ないからエネルギーが作られない
  2. エネルギーが作られないと活動できないから、代わりに脂肪を消費する
  3. 消費したものをエネルギーに変える。⇒これがケトン体

 

糖質制限ダイエットとは、蓄えてきた”脂肪”をエネルギーに変えよう!!

ってダイエットなんです。効率的ですね~( ´ー`)y-~~

 

 

ちなみに、ケトン体をエネルギーとして活用する状態を「ケトーシス」と呼びます。

ケトーシス状態をいかに維持していけるかが、ダイエットの肝ですね。

 

だからといってなんでもかんでも糖質を制限するのはNGです

やはりブドウ糖からもエネルギーを摂らないと体がだるくなります

私も糖質制限ダイエットをやったことありますが、

完全に糖質を断つとボーッとします(‘A’)

 

 

ダイエットはなんでも過剰にやりすぎはよくありません。

カロリーもほどほどに抑えて

糖質もほどほどに抑える

これが一番リバウンドせず、ストレスをためずにダイエットをするコツです。

 

 

ただ、糖質を制限することがどれだけ効率的で、

魅力的なダイエット法かご理解頂けたと思います(´・ω・`)

 

次に糖質中毒の危険性とその解決法を御覧下さい

今回の記事でご紹介したケトン体が重要になります( ´ー`)y-~~

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

よろしければシェア・イイネをして頂けますと嬉しいです(^◇^)

 

Sponsored Links