Sponsored Links

青汁

 

どうも、シロです~!

最近青汁について色々書いています!

よろしければ下記記事も御覧下さい(別ウィンドウで開きます)

野菜不足に青汁は良いの!?初回割引を活用して激安で青汁を見つける

いい青汁を選ぶ基準は?本気でダイエット・美容・健康を目指すなら

どうしても青汁を飲むのが辛いって人はみてね。おすすめの飲み方

 

いろいろ青汁レシピを試して栄養価の事を考えていると、これって一から青汁作った方が良いんじゃない?って思って物は試しに作ってみました。

 

オリジナル青汁の作り方

作り方はとってもカンタン。

ジューサーに野菜を入れて青汁が出てくるのを待つだけです。

面倒なのは野菜選びなんですけど、適当にスーパー行って買って帰ればOK。

 

 

今夜のおかずは何にしようかな~って、主婦みたいな事を言いながら、セロリとブロッコリー(ビタミンC)を買い物カゴに投入。

寒いからお鍋にしようかな、って葉野菜のコーナーに行って、水菜とモロヘイヤ(ビタミンB群)も追加。

ビタミンAも考えてニンジンも手に取るものの、隣にあったトマトはジューサーに入れるのが面倒臭そうなのでパス。

沢山野菜を入れるには業者が使うような大型ジューサーでないと大変なので、要点を絞って野菜を買います。

 

 

ここで問題発生!青汁で一番大事なケールって、一般のスーパーではあまり売っていないんですね。

仕方が無いのでケールだけインターネット通販で買いました。

青汁 ケール 粉末 300g T-606

新品価格
¥1,800から
(2017/11/16 17:03時点)

 

【材料のまとめ】

・ケール・セロリ・ブロッコリー・水菜・モロヘイヤ・ニンジン(できればトマトも入れたかった)

 

 

【使ったジューサー】

クビンスサイレントジューサーです!

なんでかというと、栄養吸収率がほかのジューサーに比べて約4倍との謳い文句に負けた!Σ(・□・;)

ご存じの方も多いですが、私は普段ドケチですが長く使うものはいいものを買うというポリシーがありまして・・・

 

 

クビンスサイレントジューサーの特徴は、低速回転と刃を使っていないことです!

通常ジューサーは高速回転によって野菜を絞りジュースにしますが、クビンスサイレントジューサーだと

・ブレード(刃)がないため、素材との間で摩擦熱が生じなく酸化しない

・ゆっくり絞ることで空気が入らないため、これまた酸化しにくい

・酵素・ビタミン・ミネラルが通常のジューサーに比べて、含有率が非常に高い

 

 

これらの理由から、決めました!

 

 

 

 

買い物を済ませた後は、朝すぐに青汁が飲めるように野菜をそれぞれ小さく切って下準備をしておきます。

少量パックでない量で買うとどうしても1日では余ってしまうので、2~3日分に分けて飲みましょう。

 

 

さて、朝になって早速ジューサーで青汁を作ります。

低速絞りなので、テレビで朝のニュースを見たり時間を潰しながら時々野菜を追加してジュースを出すという作業を6回(用意した野菜の種類分)繰り返します。

あまり詰め込むとジューサーが壊れるので、気持ち少なめに入れるのがコツ。

青汁ができるまでの時間は野菜の量によって変わりますが、5分くらいが目安です。

 

 

肝心の味ですが、飲みやすい!でもやっぱり素材そのままなので青臭さあります!

ですが、熱処理していない物ですから、ビタミンCとか有効成分はそのままです。

熱処理をすると、ビタミンは恐ろしいくらいに抜けます。だからいくら食べても意味がない。

 

 

いつも通り、ヨーグルトに混ぜて誤魔化しちゃいましょう

別の野菜を入れると違った味になって飲みやすくなるかもしれませんね。

結構カンタンにできたので、これから青汁チャレンジする人にはオススメですよ!

Sponsored Links