Sponsored Links

 

おはこんばんちは!

最近の時事ネタから!

 

今話題沸騰中のトランプ大統領についてですが、

ソフトバンクの孫社長が約5兆7000億円を米国へ投資をして、

新規雇用を生み出すことを約束しましたね。

 

元々トランプ大統領(正確には次期)は経営者・投資家ですから、

そのあたりで孫社長とは話が合ったのでしょう。

 

とはいえ、アメリカの次期大統領。

どうやって孫社長はそのトランプ次期大統領と関われる機会が持てたのか。

 

孫社長はインタビューで「共通の知人にセットしてもらった」と話しています。

 

この知人というのは過去に買収を行ったアデルソン関係ではないかと言われているそうです。

そのアデルソンはトランプのスポンサーですから、非常に可能性は高いです。

ちなみにその買収はコンピューター展示場のコムデックスを

1995年に約8.6億ドルという巨額の価格で実現したそうです。

アデルソンはその資金を元にホテルを開業して、カジノ業界に進出して結果的に成功しています。

 

ちなみにソフトバンクが買収したコムデックスは2003年に倒産したため、

この時点では孫社長の投資は失敗だったと言い切れたはずですが

 

実際このようにトランプ次期大統領とのパイプを持つことが出来たという意味では、

成功ともいえるかもしれませんね。

一概に表面上の結果だけで成功・失敗と決めつけるのもいけないことだなと考えさせられました。

今回のアメリカへの投資がどうなるかも注目してみていきたいところですね( ´ー`)y-~~

 

 

美肌を作る食事・栄養素とは?

さてさて、本題です!

美肌を作る上で大切なのが生活習慣です。

その生活習慣とは切り離せないもの。それは日々の食事です。

 

 

美肌を目指すぞー!( `ー´)ノ

 

 

と思ってまず真っ先に取り掛かるとなったら、多くの人がスキンケアではないでしょうか。

しかし、当然ながら表面だけをキレイにしようとするのには限界があります。

また、キレイにできたとしてもそれは表面的にすぎないのです。

 

ですから、表面的な外側部分だけではなく、身体を内側から美しく維持することが必要です。

具体的に内側から美しく保つためには、睡眠と今回のテーマである「食事」です。

 

 

美肌と食事の関係性。意識すべきこと

人間だけでなく、生物にとって食事というのは生きていく上で欠かせないことですよね。

それと同じように、肌を健康に保つ上で食事は欠かせないものです。

 

人間の体内は生命維持を最優先に考えて動きます。

必要な栄養素を体内に入れたらまずは生命を維持するための器官に最優先で栄養素が与えられます。

そして余った栄養素が表面的なところに分配されるイメージですね。

 

分かりやすいのは肌や髪の毛ですね。

肌であれば表面的なツヤなどに表れますし

髪の毛であれば、発毛サイクルがしっかりと維持されて薄毛にならなかったりします。

 

栄養素が極端に偏っていたり足りていなかったりすると、

生命は維持できますが表面的な解決には至らないことを理解して下さい。

それを踏まえた上で、食事のルールを書いてみました。

 

偏食をしないこと。栄養バランスのとれた食事をすること

当たり前のことですが、栄養バランスを考えた食事をすることです。

栄養素というのは大半が食事から摂取します。

ですから、食事をしっかりとしないことには、いつまで経っても根本的解決には繋がりません。

具体的な栄養素については後述します

 

間違った知識や広告を信じ切らないこと

化粧品業界の実態の記事でも少し触れましたが、大手メーカーが出している野菜ジュース。

※リンク先に飛びます

 

よく1日分の栄養素が〇〇くらいとれる!

みたいな謳い文句がありますが、そんなわけはありません。

 

野菜としての栄養素は殺されており、ほとんどが砂糖と水で作られています。

野菜ジュースなのにあんなに甘くておかしいと思いませんか?

 

また、美肌といえばコラーゲンと浮かぶ人も少なくないでしょうが、

コラーゲンを摂ればキレイになれるなんてのも違います。

正しい摂取の仕方をしないと、コラーゲンを無意味に取り入れることになり

結果的にマイナスの効果に繋がります(コラーゲンの摂取はセルライトに繋がります)

 

世の中の商品の広告は誇大なものが多いです。

私達は知らないうちに誤った知識を付けさせられて生活習慣に加えさせられています。

こうならないためにも、正しい知識を信じましょう

 

規則正しいリズムで食事をとること

食事をとるタイミングって大切です

それは必ず朝食をとったほうがいい! というのではなく、

自分の決まったタイミングで食事をすることがいいということです。

 

例えばいつも朝ごはんを抜いてお昼と夜に食べる人がいたとしましょう

12月1日はいつも通り朝食抜いてお昼と夜に食べる
12月2日もいつも通り朝食抜いてお昼と夜に食べる
12月3日は朝食を食べてお昼を抜いて夜食べる
12月4日は朝食を抜いてお昼も抜いて夜ガッツリ食べる

このようにバラバラのタイミングで食事をとると体内のリズムが狂ってしまいます。

朝いつも食べる人が急に朝ごはんを食べないと体内でどうなるのか?

 

栄養素を吸収する腸内の様子を御覧下さい(^。^)y-.。o○

12月1日の出来事

昼の小腸くん「いつも通り朝ご飯は来なかったけど、昼ご飯が来たからご飯が入ってきたぞ~栄養素を吸収して体内にまわすんだ(^◇^)」
夜の小腸くん「夜ご飯も来たぞ~。いつも通り明日の朝は栄養素が入ってこないから、多めに吸収しておこう(^◇^)」

12月2日の出来事

昼の小腸くん「いつも通り朝ご飯は来なかったけど、昼ご飯が来たからご飯が入ってきたぞ~栄養素を吸収して体内にまわすんだ(^◇^)」
夜の小腸くん「夜ご飯も来たぞ~。いつも通り明日の朝は栄養素が入ってこないから、多めに吸収しておこう(^◇^)」

12月3日の出来事

朝の小腸くん「ちょ、朝ごはん入ってきたんやけどwいつも朝ごはんないから夜吸収しすぎたわ。消化しきれない・・脂肪として蓄えておくか(´・ω・`)」
昼の小腸くん「昼ごはんこないし!マジかよ・・。とりあえず脂肪の中の栄養素をまわすか(´・ω・`)」
夜の小腸くん「明日の朝はいつも通りだと来ないと思うけど・・わからん。どうすればいいんだ。とりあえず来ること想定して必要以上に蓄えるのやめとこ|д゚)」

12月4日の出来事

朝の小腸くん「朝ごはんこないやんけ!やばい蓄えがない・・( ;∀;)」
昼の小腸くん「昼ごはんこないし!餓死する餓死するwww次きたらガッツリ摂取したるわ(´;ω;`)」
夜の小腸くん「やっときたわ~。もう次どうなるか分からないし必要以上に摂取するんだ(^◇^)」

栄養素を吸収する腸内の様子 終了(^。^)y-.。o○

 

とまあこんな感じです(どんな感じだよ)

 

 

規則正しく食事をとらないと体内では飢餓状態になります。

この飢餓状態のタイミングで食事を摂ると体内では次いつ飢餓状態になるか分からないので、

次の飢餓状態に備えるために必要以上に脂肪としてためこもうとするわけです。

 

先ほど申し上げたように、体内は生命維持を最優先で考えますから

それを踏まえると当然の行動原理だと思われます。

 

勿論必要以上に脂肪を取り込むことで、体重増加や肌のシミ・老化に繋がります。

ダイエットしていてリバウンドするというのは、この飢餓状態が原因のケースがほとんどです。

 

以上3つのルールはしっかりと守りましょう

この生活習慣が美肌に繋がっていくのです。

 

地道な努力なくして、美肌ナシ です!|д゚)

 

美肌に欠かせない栄養素!避けるべき栄養素

前述のとおり食事はバランスが大切です!

しかし現実問題1日に何品目以上食べましょう!なんて難しいですよね?

ですので、この記事では最低限この栄養素は摂取しよう!ということでご紹介していきます。

美肌には必須の3大栄養素をご紹介します!

 

その栄養素は ビタミンA ビタミンC タンパク質 です!

一つずつご紹介していきますね。

 

ビタミンA

ビタミンAは抗酸化作用があるので、肌や粘膜を強くする効果があります。

また、ストレスから肌を守ってくれる働きもあります。

緑黄色野菜に多く含まれるβカロテンは体内に取り込まれた後にビタミンAとして働きます。

 

ビタミンAをとるための食品としては

かぼちゃ・ほうれんそう・春菊・ニンジン・チンゲン菜・うなぎ・鳥レバーなどです。

 

イメージとしては色が強い野菜ですね!

また、ビタミンAは摂りだめが出来ます。摂れる時にたくさん摂っておきましょう|д゚)

ビタミンAの食材

 

ビタミンC

ビタミンCはメラニンの沈着を抑え、できたメラニン色素を還元してしみを薄くする作用があります。

つまり、シミの予防にとても効果的です!

ビタミンCをとるのにオススメ食品としては、

パプリカ、ブロッコリー、ゴーヤ、ピーマン、キウイ、いちごなどです。

ビタミンCは、とりすぎた分は体外へ排泄されてしまうので、とりだめができません。

 

ただし、ビタミンCは熱に弱いので、食品を調理する際は短時間の加熱にするなど気を付けましょう

紫外線が強い時期は出来る限りビタミンCをとってシミを作りにくい肌にしましょう!

ビタミンCの食材

 

 

タンパク質

肌や体を作る元となるタンパク質です。とても大事!

タンパク質は赤身の肉や魚や卵や牛乳といった、食材のメインともいえる食品が並んでおります。

また、大豆にも植物性のタンパク質が含まれているので、積極的に摂りましょう!

タンパク質の食材

 

美肌が遠ざかってしまう!避けるべき食事・食材は!?

 

糖質の過剰摂取はNG!!

糖質は血液を酸化させる作用があります。

そのため、過剰に摂取してしまうと血液がドロドロになってしまいます。

もし食事で砂糖を入れるにしても少し高いですが、

てんさい糖やはちみつなど抗酸化作用を持つものに変えたほうがいいです。

 

動物性脂肪の摂りすぎはNG!!

先ほど赤身の肉などのタンパク質は美肌にいいと書きましたが、

脂肪分の多い箇所の牛肉・豚肉は注意が必要です。

例えばバラ肉などですね。
基本的に牛や豚は人間よりも体温が低い動物の脂は、人間の体内で冷えて固まります。

体重増加に繋がりますし、血管に付着して老廃物が溜まりやすい体になってしまいます。

老廃物が溜まるとニキビなどの原因ともなります。

 

生野菜は温度を下げるので、出来れば茹でるのがオススメ

生野菜は体を冷やすため、一気に摂取するのは控えたほうがいいです。

かといって熱しすぎると栄養素を殺してしまいますので、オススメは茹でです!

茹でること栄養素を殺すことなく、体温を下げることなく、美味しく食べることが出来ます。

しゃぶしゃぶとかオススメですね!勿論肉はバラ肉は避けましょう|д゚)

 

いかがでしたか?

なんでもかんでも体によさそうな食材を食べればいいというわけではありません。

今回挙げたのは最低限のところです。

これらを避けつつ取り入れつつ美肌を目指していきましょう!

そして何事も腹八分目!気を付けましょう(´・ω・`)

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

よろしければシェア・イイネをして頂けますと嬉しいです(^◇^)

 

もし、私の検証を見てワイエスラボの化粧品に興味を持ちましたら下記よりお買い求め下さい

メーカーホームページからが最安値となります!

ワイエスラボはクーポンが基本的にございませんが、紹介者制度がございます。
下記コードを使用しますと500円分お安くお買い求め頂けますのでご自由にご利用下さい!

紹介者コードは TS 10019619 です。

特にデメリット等はありませんよ( `ー´)ノ

↓↓ワイエスラボの化粧品の購入はこちらから↓↓



※メーカーホームページに飛びます。ご安心下さい!

Sponsored Links