Sponsored Links

無漂白キッチンペーパー写真

 

こんばんは!

最近かなり肌寒くなってきましたねえ

こんな季節はお肌が乾燥しやすいので、いつも以上にこまめなケアが必要です!

さてさて、今日の記事は水分を拭き取る際の注意点です!

 

お風呂からあがった後顔を拭く時に

バスタオルやタオルは極力使わないほうがいいです!

 

 

じゃあなにで拭くんや!(# ゚Д゚)おぉん?

 

 

って話になりますが、まずはダメな理由から・・

 

バスタオルやタオルは日々洗濯 もしくは 数日に1回洗濯しますよね?

以前化粧品業界の実態で説明しましたが、

洗濯する際に使う洗剤や柔軟剤にも界面活性剤が使われています。

※リンク先に飛びます

 

つまり、洗濯したてのバスタオルやタオルにも、界面活性剤が付着しているイメージです。

ですから、せめてお顔の水分を拭き取る時だけでも

タオル等は使わないほうがいいです|д゚)

 

 

なにで拭けばいいか教えろっつーんだよ(# ゚Д゚)あぁん?

 

という声が聞こえてきそうなのでそろそろ・・

なにで拭けばいいのかというと・・

こいつです。

無漂白キッチンペーパー写真

無漂白のキッチンペーパーです。

ただのキッチンペーパーですと漂白剤などが入っているため、これまた肌によくないです。

御覧の通り、漂白されていないので色も茶色です

無漂白キッチンペーパー写真2

私はAmazonから買ってます(てかいつもAmazonだな・・)

無漂白キッチンペーパーはこちら

※リンク先に飛びます

 

しょっちゅう使っていたらコスパ悪いですが、

風呂あがりや洗顔終わりに使うってだけに絞れば1日2~3枚くらいしか使いません!

私の使っているものだと150枚(75組)入りで100円くらいですので、

1か月100円くらいで済みます。

 

顔の水分を無漂白のキッチンペーパーで吸い取ったあとに、

ワイエスラボの化粧品をペタペタ塗っている感じです!

 

日ごろから界面活性剤を付けないように意識すると

色々なところで制限が出てきますね(´・ω・`)

なかなか大変ですが肌本来の力を取り戻すのは

そのくらい大変なものだと割り切って日々の継続を頑張っていきます( `ー´)ノ

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

よろしければシェア・イイネをして頂けますと嬉しいです(^◇^)

Sponsored Links